Sponsored Link

毎年のように繰り返される就活時期の大幅変更に飽き飽きしている学生も多いことかと思います。

就活の始まりが短くなることによって学生間の取り組み方に差異が生まれて就活格差が広がるなど、いろいろと問題の多い今の就活ですが、どのような人も必ず通るのが「業界分析」ですね。

金融•メディア•製造•流通など数多くの業界があるわけですが、一度も就職したことのない新卒の皆さんはどこの業界がいいかなんてピンと来ないのではないでしょうか。

「親が○○で働いているから」「銀行マンってなんかかっこいいし」そんな曖昧な理由で業界を決めるのはリスクが高すぎます。

たいした志望理由をかけなくなりますし、就職できたとしても思っていた仕事と違うという理由で1年以内に退職、といった話も珍しくありません。

特に「身近で分かりやすい」という理由で金融を選ぶ学生がとても多いように感じます。

でも知ってますか?金融業の3年以内離職率を。知らない方は今すぐ四季報を開いて確認することをおすすめします。

そもそも「身近で分かりやすい」というのは本当なのでしょうか。なんとなく「お金を扱っている」「金利で儲けている」「なくてはならないもの」といったイメージだけで分かりやすいと思ってるだけではないでしょうか。事実、僕はそうでした。

そんな僕が最終的にメーカー(製造業)を選んだ理由と、1年間働いてみてのギャップをお話したいと思います。

 

Sponsored Link

どうしてメーカーなの?

包み隠さず言うと下記のような理由でメーカーを希望していました。

  1. 長期休暇が取りやすい
  2. BtoB営業ができる
  3. 自社の製品を売れる

長期休暇が取りやすい

金融業やインフラ系といった業界は基本的に暦通りに休みを取ります。2016年のGWで考えてみてください。2日と6日は平日になってましたよね?これらの業界ではこの日に出社しなければいけなかったわけです。それがメーカーだと多くの企業は連休になるんです。

なぜメーカーだと連休になるのか?それはメーカーが自社で工場を動かしていることが理由です。休みの間の1日や2日工場を動かすよりも、工場を連休期間一斉にストップすることで稼働効率を上げているわけです。

そういう理由でメーカーは長期休暇が取りやすいんですね。海外旅行をしたいという方はそういった連休が必要なので、メーカーのような休みの取り方をする業界は適切です。

 

逆に小売や飲食業といった業界は店を開けてなんぼの世界ですから、連休はまず取れないと思っておいた方がいいです。

BtoB営業ができる

銀行や小売といった業界の顧客は基本的に一般消費者、つまりBtoCの商売になります。営業に限って言えば、訪問先は私たち一般家庭である割合が大きくなります。

それに対してメーカーの販売先は企業、すなわちBtoBの商売です。「家電量販店でパソコンとか売ってるじゃないか!」なんね言わないでくださいね。あれは家電量販店の商売、小売業です。

僕が勤務しているITメーカーを例に出すと、取引先は企業や自治体の「情報システム部」になります。

これらの大きな違いは、「相手が専門知識を持っているか持っていないか」でしょう。

全く何も知らないど素人の一般消費者に話をすると「そんなものいらない!帰れ!」となることも多いです。だから金融や保険系の営業はきついと言われるんですね。

それに比べてメーカーの営業は基本的に話しを聞いてもらえますし、価値あるディスカッションが行えることが多いです。

自社の製品を売れる

メーカーが売るのは基本的には自社の製品です。商社や小売の扱う商品はメーカーから仕入れたものですから、その商品の機能をいじることはできません。

メーカーの営業だと訪問先の声を吸い上げて製品開発に伝え、自分が製品開発のプロジェクトに関わるなんてことも珍しくないわけです。

その製品がバカ売れしてニュースを彩る、なんて夢があると思いませんか?

メーカーで働いてみて

そんなこんなでITメーカーに就職しました。金融や商社、小売といった業界に就職した同期と話をしていると、上で挙げたようなポイントはかなりアドバンテージになっているようです。

「長く働くならメーカーだな」

そのような声を聞くことも珍しくありません。僕自身、メーカーに就職して本当に良かったと思っています。

最後に

メーカーの特色についてざっとお話をしました。もちろん、他の業界にも良いところはたくさんありますし、メーカー以外を否定しているわけではありません。

人には適材適所というものがありますから、自分の適性にあった業界に就職するべきでしょう。

ただ、上のような項目をアドバンテージと見るなら、僕はメーカーへの就職を強くおすすめします。

 

悔いのないように就活に取り組んでみてください。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

世界30カ国を旅した世界一周経験者。上海出身の妻をもつ26歳。山登りと海潜りが趣味です。「効率的に個人旅行を楽しみたい旅行中級者」を対象に国内外の旅行情報をメインとした特化ブログ「まさトラべる」を運営中。