クロアチア観光は新婚旅行に最適です!【ルート・費用・注意点】

Sponsored Link

 

アドリア海の美しさと中世の街並みが特徴的な観光大国クロアチア。

ヨーロッパでは夏のリゾート地として人気な国のひとつですね!

日本でも年々知名度が上がってきている国クロアチア。

ひと昔前までは「クロアチア?どこそれ?」という感じだったのですが、2018年にクロアチアへ訪れたところ日本人のカップルにも幾度となく遭遇しました。

 

観光スポットの充実度から考えると、「やっと時代が追い付いてきたな」って感じなんですけどね。。。

 

そんなわけで、ぜひとも訪れたい国なわけですが、まだまだ観光情報が出回っていないのが正直なところ。。。

このページを見に来たアナタも「クロアチアってどんな観光地があるのかな?」「ほかの国に比べて楽しいのかな?」「どれくらいの日数が日数が必要なのかな?」なんてことが知りたくてGoogle先生に頼っているのではないでしょうか!

 

クロアチアへ初めて行く人
クロアチアに興味があるけど、どこに行けばいいのか分からない!どうやってまわれば効率的なの?日数はどれくらい必要?

 

そんな悩みを解決します!

世界30ヵ国を旅したぼくが「ここは本当によかった!!!」と自信をもって言える場所だけを厳選して、モデルコースとして紹介します!

 

クロアチアの街並みを写真つきで紹介しているので、イメージはかなり湧きやすいはず。

この記事をよめばクロアチアの観光はバッチリですよ。

ちなみに僕は新婚旅行で行ったので、新婚旅行を検討している熱々カップルに最適なロマンチックスポットも合わせてご紹介します。

 

僕が泊まって感動したホテルの情報も載せてありますので、参考にしてください!

 

この記事は僕のクロアチア旅行の実際の体験をもとにして作成しています!安心してください

 

 

Sponsored Link

クロアチアの主要な観光スポットとかかった費用

さてさて、結論から申し上げると、クロアチアで初めて行ったときに行くべき場所(町)は4つあります!

それがコチラ!

 

クロアチアの主要な観光スポット
  • ザグレブ(クロアチアの首都)
  • プリトヴィッツェ(世界自然遺産に登録されている滝の名勝)
  • スプリット(古代ローマ法王の宮殿跡がそのまま国民の居住地になった珍しい街)
  • ドブロブニク(魔女の宅急便のモデルになった街)

 

これらの4つの場所に行こうと思ったら、最低でも9日は休みが必要かと思います。(実体験)

参考までに僕の旅行スケジュールをお見せします!

僕の観光ルート
  • 1日目 羽田空港発→ザグレブ着 ザグレブ観光
  • 2日目 プリトヴィッツェ観光
  • 3日目 ザグレブ発→スプリット着
  • 4日目 スプリット観光
  • 5日目 スプリット発→ドブロブニク着
  • 6日目 ドブロブニク観光
  • 7日目 ドブロブニク観光
  • 8~9日目 ドブロブニク発→羽田着

 

もし訪問する場所を削るとしたら「スプリット」か「ザグレブ」でしょうか。。。

個人的にはスプリットが大好きなのでおすすめしたいのですが、ドブロブニクと似ているところもあるのでザグレブへ行ったほうが新鮮味はあると思います。

 

さてさて、僕が旅をする中でかかった費用(2人分)は以下の通りです。

かかった費用
  • ホテル代金 109,777円
  • 飛行機代金 264,000円(往復)
  • 食事代金  64,500円
  • 現地ツアー代金 48,217円

合計 486,494円
1人分= 243,247円

 

クロアチアはご飯代が結構高いです。

特にドブロブニクは1人あたり2000円かかることもしばしば…

 

僕が絶対的におすすめするクロアチアの観光スポット

それではお待ちかね!

僕の提案する理想のモデルコースの各スポットについてご紹介します!

 

 

クロアチアの首都!中世の雰囲気も感じられる「ザグレブ」

クロアチアの空の玄関といえば「ザグレブ」と「ドブロブニク」が代表的ですが、ここザグレブはクロアチアの首都として発展してきた町です!

クロアチアはアドリア海に隣しているイメージが強いですが、ここザグレブはクロアチアの内陸に位置してるため、海は見ることができません。

そのぶん独自の発展を遂げて生きているので、他の町では体験することができない楽しさがあるんですよ!

 

 

ノスタルジックな雰囲気を感じることのできる「旧市街」

 

観光本で必ず登場する観光地のひとつがここ「旧市街」

ザグレブのランドマークである「聖マルコ協会」や失恋に関するいろんなグッズを展示している「失恋博物館」もこの旧市街の中にあります。

また、旧市街へいく途中にある「ウスピニャチャ」は世界一短いケーブルカーもあり、ザグレブの代表的な観光地はこのあたり一辺に集約されているといっても過言ではないんです。

 

新婚旅行で失恋博物館へ行くのは少し縁起が悪いかもしれないですけど…笑

 

特にカップルにおすすめなのは、ケーブルカーを登ってすぐの場所にある時計塔

僕がいったときは少し天気が悪かったのですが(汗)、こんな感じの景色を眺めることができるんです!

階段はけっこう狭くて登るのは大変なのですが、登り切ったときに見える景色は一見の価値あり!

 

 

ザグレブのランドマーク「聖母被昇天大聖堂」

 

ザグレブについて一番初めに目につくのはここ「聖母被昇天大聖堂」ではないでしょうか?

 

ツインタワーの様相をしているこの大聖堂は、なぜか片方の棟だけずっと工事中。

この大聖堂にくるおすすめの時間はずばり夕方!

大聖堂の前に位置する噴水とサンセットのコラボレーションが美しくて感動でした。

 

 

サルマが激うま!低価格でザグレ料理を楽しめるレストラン「プルゲル」

 

観光地とは少し外れますが、ここだけは行ってほしいという僕のおすすめのレストランがここ「プルゲル」

かなり低価格(500円前後)でザグレブ料理を楽しめる一押しレストランなんですが、特に僕がおすすめしたいのがザグレブ料理の代表格「Sarma」

キャベツの漬物でひき肉を包んで煮込んだ料理で、いうならば「クロアチア風ロールキャベツ」

これがマジでうまい。うますぎる。二日連続で食べに行ってしまうほどうまい。

クロアチアを南下(ドブロブニク方面)していくと魚介料理がメインとなってしまうので、サルマを堪能するならここザグレブがおすすめなんです。

もちろんこのレストランにはサルマ以外にもザグレブ名物のZagrebački odrezak(ザグレブ風カツレツ)も食べられます。

日本語メニューが用意されているほど日本人にも愛されているお店なので、ぜひ行ってみてください!

一品一品のボリュームはかなり多いので、注文のしすぎいご注意ください(自戒)

 

 

シュトゥルクリの名店「La Struk」でクロアチア風グラタンを堪能!

 

続いてもお店の紹介です!

ここはクロアチア風グラタンである「シュトゥルクリ」を堪能できる有名店「La Struk」

シュトゥルクリはクロアチアの伝統的な料理で、フルヴァツコ・ザゴリェ地方やザグレブでは家庭料理として最も出され、大変人気が高い料理なんです!

せっかくザグレブに来たのだから一度は食べてほしいシュトゥルクリ!(めっちゃ言いづらい…)

 

一品のボリュームはかなりのものなので、ぜひぜひ堪能してみてください。

ここで注意点なのですが、ボリュームの多さもさることながら味もかなり濃厚なので途中で飽きます。。。

ふたりで一品食べるくらいがちょうどいいかもしれません。。。

 

 

世界一美しい湖群国立公園「プリトヴィッツェ」

 

クロアチアの観光スポットといえばここだろう!!っていう人もいるくらい人気な観光地がここ「プリトヴィッツェ」です。

プリトヴィツェ湖群国立公園は、クロアチアの国立公園の1つであり、ボスニア・ヘルツェゴビナ国境に近いプリトヴィツェ湖群市に位置する。大小16の湖と92の滝がエメラルドグリーンの幻想的な景観を作り出しており、1979年にユネスコの世界遺産に登録された。

(引用元:Wikipedia)

 

ここは「ナイアガラの滝」や「イグアスの滝」のように、「うおおおおおお!!!!すごい!!滝すごい!!迫力!!!!」みたいな滝ではなく、国立公園中に92個の滝がいたるところで流れている景観を楽しむスポットになります。

特徴的なのはコバルトブルーに輝く美しい湖の数々!

こんな色の湖見たことあります?

 

この色の湖と美しい滝が広大な公園の中のいたるところで見れるんですよ。

そんな滝や湖を眺めながら1日かけて公園内を散策するのがプリトヴィッツェの楽しみかた。

 

あまりに広大なコースなので、すべてを見て回ろうとすると1日では立ちません。

僕はザグレブから日帰りしたのですが、10時ごろに到着して17時の帰宅便(合計9時間)でも半分程度しか巡ることができませんでした。

 

たいていの人は日帰りの観光をするのではないでしょうか?

 

プリトヴィッツェを訪れたときにぜひ見てほしいスポットも記載しておきますね!

 

  • 園内で最大落差の滝「プリトヴィッツェ滝」

 

  • 階段状に流れて落ちていく「ミルカ・トルニナ滝」

 

  • コジャク湖をボートで横断

 

  • 園内で最大幅の滝「プルシュタヴァツの滝」

どこの景色を切り取っても絵になることに異論はないのですが、上記のスポットは特に感動度が高いと思いますので必見です!!

 

 

ローマ法王が愛した街!宮殿の町「スプリット」

ザグレブとドブロブニクの中間地点に位置するのがここ「スプリット」

ドブロブニクと似た雰囲気の街並みなのですが、決定的な違いがあります。

それは、この街が「ローマ法王の宮殿」をベースに出来上がったということ!

この宮殿は今から約1700年前に、ディオクレティアヌス皇帝が晩年を静かに過ごすための宮殿として建設し、約6年間ここで暮らしました。

ローマ法王の死後、この宮殿は廃れていくわけですが、なんと約1300年前にこの地の市民がこの宮殿に住み始めたのです!

それ以降、宮殿をベースとして街が出来上がり、今のような風貌になったというわけです。

 

少し変わったストーリーのあるこの街は、その風貌も当然他の街とは一線を画すわけです。。

噂の宮殿がこちら。

夜になるとここに住民が集まり、社交ダンスや音楽鑑賞会が行われていました。

 

この宮殿には展望台があり、吹き抜けの階段をおそるおそる上まで登ると…

こんな絶景を拝むことができます!

ドブロブニクにも負けず劣らずの美しい街だなーと僕は思います。

 

アドリア海の青の洞窟

そしてアナタにおすすめしたいのが、アドリア海の青の洞窟!

青の洞窟といえばイタリアにあるカプリ島を連想する人も多いと思いますが、ここスプリットにある青の洞窟もなかなかのもの。

写真でもこの美しさ!

ぜひぜひ自分の目でその美しさを確かめてみてください。

 

青の洞窟は個人で行くことはできず、以下のオプショナルツアーへ申し込む必要があります。

(現地でもツアーに申し込めまずが、値段はあまり変わらないので事前に申し込んでおくのが安心でしょう)

クロアチアの青の洞窟を見てみる

 

ツアーでは青の洞窟だけでなく、ヴィス島やフヴァル島などの島めぐりもすることができます!

 

 

魔女の宅急便のモデルになった町「ドブロブニク」

さてさて、クロアチア旅行のハイライトも言えば?

魔女の宅急便のモデル地でも有名なここ「ドブロブニク」と答える人が過半数を占めるかと思います!!

 

僕はTwitterで世界一周者のアカウントをフォローしているのですが、「行ってよかった街」で必ずと言っていいほど出てくるのがドブロブニクなんです。

 

ドブロブニク自体はそんなに大きくなく、3時間も歩けば町の要所は押さえることができると思います!

ドブロブニクには「ナイアガラの滝!」「エッフェル塔!」「ピラミッド!」といったthe・観光地のようなものはありません。(もちろん、観光スポットはありますよ)

 

では、このコンパクトな街が旅人を惹きつけている魅力はなんなのか?

 

僕の思う魅力を紹介していきまーす!

 

他にまたとない特徴的な街並み

まずはこれ。

ドブロブニクに来るとびっくりするのがその街並みです。

360度を壁に囲まれて、半分はアドリア海、もう半分は山に面しているという特徴的な外観。

 

街に3箇所しかない門を抜けると…

 

そこに広がる景色はまさに中世ヨーロッパ!

 

 

街の中にはいたるところに路地があり、そこを歩くたびに新しい発見がある、そんな面白さを見出すことができるんです。

 

ドブロブニクの城壁はなんと登ることもできます!

一周するのに30分~1時間程度は見ておいたほうがいいです。

 

ドブロブニクの街並みは夜になると一変!

 

こんな美しい街、そうそうないと思うのです。

 

 

さてさて、先ほどからこのブログ内で幾度となく使っている、ドブロブニクを上から見た景色の写真。

これはドブロブニクの街に面してそびえたつ「スルジ山」からの景色なんです!

 

ドブロブニクといえば、この景色が真っ先に思い浮かぶかもしれませんね!

ドブロブニクの山側の門を出たすぐのところにあるロープウェイで5分ほど登るとたどり着くことができます。

 

山頂には「パノラマ レストラン」という山頂レストランがあり、お茶をしながら絶景を眺められます!

あまりの絶景に、僕はここで4時間も滞在してしまいましたw

 

いつの間にか日が暮れ、なんとサンセットも拝むことができちゃいました。

 

意外と時間がたってしまうので、時間配分には十分お気を付けください。。。

 

ちなみに、ロープウェイを使わずに山を徒歩で下って街へ帰ることもできますが、夜道はかなーーーーーり暗く足場も悪いので十分お気を付けください。

 

記念日に最適な高級レストラン「Nautika」

ドブロブニクの門を出てすぐの場所にあるレストラン「Nautika」はVIPご用達の高級レストランです。

ローマ法王ヨハネ・パウロ2世や世界中の政治家、スターといったVIPが訪れた格式高いレストランで、テラス席からはアドリア海とお城のライトアップが一望できます。

ピアノの生演奏も流れており品も良く、記念日に訪れるならばかなりおすすめのレストランです。

引用:Veltra

 

コース料理で値段はひとり2万円程度です。

かなり人気のレストランのため、早めに予約しないと席が取れない or 中庭の席になってしまいます。

 

以下から現地オプショナルーツアー経由で席を確保できるので、興味があればぜひ活用してみてください。

「Nautika」のコースを見てみる

 

 

僕が圧倒的におすすめするクロアチアのホテル

 

数々の口コミサイトを徹底的に調べあげて厳選した宿のなかで、実際に泊まって満足した宿をご紹介します。

とりあえずここに泊まっておけばアナタの旅行は大成功します。(断言)

 

 

おすすめホテル【ザグレブ】Irundo Zagreb


引用:Agoda

ザグレブ市内中心部のメインスクエアから100mほどの場所に位置しています。

こちらは少し変わったホテルで、受付とホテルの場所が違います

最初はめちゃめちゃ戸惑うんですが、部屋はリフォームをしているためかなり綺麗です。(ビル自体はあまりキレイではありませんが…笑)

街のほぼ中心に位置しているので観光にはかなり便利ですし、ホテルから徒歩3分以内の場所にはザグレブの名店「プルゲル」もあります!!!

プルゲルはこの記事の前半でも紹介しているので、ぜひ見てみてください。

 

エクスペディアで「Irundo Zagreb」を見てみる

Agodaで「Irundo Zagreb」を見てみる

 

 

おすすめホテル【スプリット】Borna and Franko Rooms


引用:Agoda

スプリットの目玉スポット「ディオクレティアヌス宮殿」の城壁内に位置してます。

マジで近いです。目をつぶっててもたどり着くんではないか?ってくらいの近さです。

ただひとつ欠点をあげるとすれば、目の前(入口)がレストランになっているため夜中でも少しうるさいところ。。。

それさえ我慢できれば宿泊代金も高くなくアクセスが抜群にいいので最高におすすめできるホテルです!

 

こちらもかなり人気のホテルなので、早めに予約をしておきましょう!

Agodaで「Borna and Franko Rooms」を見てみる

 

 

おすすめホテル【ドブロブニク】Dubrovnik Vacation Apartments 2


引用:Agoda

ドブロブニクに泊まるならここが圧倒的におすすめです。マジで。

実はドブロブニクの観光の中心となる旧市街にはホテルが2つしかありません

その2つもかなり価格が高いため、ちょっと躊躇してしまう値段。。。(だいたい2万円前後)

 

かといって旧市街の外にあるホテルだと観光のたびに旧市街に行かなければならず、ドブロブニクの雰囲気を十分味わうことができません。

 

そこで活躍するのがここ、「Dubrovnik Vacation Apartments 2」です!

ホテルではなくアパートメントスタイルなのですが、部屋も広く立地も旧市街のど真ん中で最高。

1泊の料金も1万円前後とかなりコスパがいいです。

 

めちゃめちゃ人気のアパートメントなので、早めに予約をしておきましょう!

 

Agodaで「Dubrovnik Vacation Apartments 2」を見てみる

 

 

クロアチア観光のモデルコースまとめ

 

クロアチアは魅力的な観光地がたくさんある素晴らしい国です。

新婚旅行にも最適だと思います。

 

僕は

ザグレブ(プリトヴィッツェ)2泊 →スプリット 2泊→ドブロブニク 3泊

合計7泊9日でクロアチアを旅しました。

クロアチアは観光スポットは充実度はもちろんのこと、その治安の良さが本当に素晴らしいと思います。

(夜中にお土産屋が施錠していなかったのは、さすがに引きましたが…笑)

 

 

それぞれの観光スポットの情報も随時書いていこうと思っています!

 

 

ご精読ありがとうございました!

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

世界30カ国を旅した世界一周経験者。上海出身の妻をもつ26歳。山登りと海潜りが趣味です。「効率的に個人旅行を楽しみたい旅行中級者」を対象に国内外の旅行情報をメインとした特化ブログ「まさトラべる」を運営中。